ジュニア's Eye

muur zero 小山ジュニアの日記

MET リヴァーレHES レポート続編

この度、InterMax社様から提供いただいているヘルメットMET リヴァーレHESを使わせてもらい始めて二ヶ月あまりが経ちました。

f:id:tomoya_cycle:20160712192013j:image

今回、普段のロードではなく、トラック競技で始めて使用させていただきました。

 

トラック競技といえば、ロードにも増して空気抵抗との戦いであることは言うまでもありません。そんなトラック競技でヘルメットの空気抵抗がタイムや成績に与える影響は計り知れないものだと思います。

空気抵抗はもちろんのことながら、軽さや形状による体へのダメージの有無もまた重要なポイントかと思います。

 

トラック競技と言いましたが、始めてバンクを走りましたし、タイムも全くと言って良いほどのものだったので今回は軽さや形状による体へのダメージの有無について少し書いていこうと思います。

 

軽さと形状

ヘルメットの第一の目的は頭を守ることです。安全性を最大限に確保した上でどこまで軽量に作れるか。各メーカーの争点の一つだと思います。

それに加えてエアロ効果がある形状であるか否かも大切なポイントです。

そんな中で、前傾姿勢を取った時や、リラックスしている時、その他様々なシュチュエーションで使用して体へのダメージ(負担)が如何なるものか。ヘルメットを選ぶ際はこのような点に注目すべきかもしれません。

 

そのような点で、今回使用させていただいているこのヘルメットは本当に軽く、エアロで、首も痛くなりません。強いて欠点をつけるとすればサングラスを外してヘルメット前面につけた時に外れる時があることくらいでしょうか。

しかし、これはサングラスとの相性の問題もあると思われるので一概言えないと思います。他のメーカーのサングラスでも試してみようと思います。

強いて言わなければ欠点が見つからないMET リヴァーレHES 皆さんいかがでしょうか!

INTERMAX|2016|MET

METのHP

 

InterMax|レースの最前線で活躍するインターマックスプロダクツ

インターマックス社のリンクです。

最近、話題のワイヤレスコンポーネントeTapを含むSRAM社製のコンポーネント各種や、言わずと知れたホイールメーカーのZIPPの取り扱いが始まったようです。

こちらも合わせてご覧ください。